スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

普及しつつある住宅用LED照明

クリスマスが近づくと、当り前のように目にする青や白色のLEDイルミネーション。
これには、日本の中村修二教授が難しいとされた青色発光ダイオードの開発に成功したことにより広く一般に普及しました。

従来昔からある、赤や緑のLEDはテレビのON/OFF表示等に使われてた地味な存在
でしたが 青が加わったことで光の3原色が揃い組み合わせで どんな色も発光させることができるようになりました。

イルミネーションで見かける白色LEDは緑、赤、青色LEDを組み合わせたものなんですが 刺すような光源や熱に弱いという点で住宅照明には不向きでした。が、近年は色々と改良が加えられ、ついに一般化が進んできました。

住宅の主照明として活用されないかなぁっと思っていたので よい流れに向かってそうです。

今、知人の打ち合わせに参加してるのですが 次は照明を本格的に決める作業のようで 打ち合わせ初期段階から今年の照明カタログを目に通してました。

目に通してるカタログの会社は ダイコー、コイズミ、オーデリックで前々からお気に入りの3社です。
各社LED照明に注目してるようでラインナップを増やすと共に特集を組んでます。3社の中でも、リンクにも登録してるダイコーがLEDに関しては一歩リードしてる印象です。

中でも注目したのはダイコーのダウンライト

標準色タイプ


高演出タイプ

続きを読む

スポンサーサイト

書斎照明の変更

先日書斎に備えついていた 間接照明を変更しました。

以前はダイコー製のこのタイプの黒目玉ちゃん。





黒いフレームが妙に目玉のように浮きだってて違和感があったのも さることながら別の理由もありに変更。

同じダイコー製で取付け穴も同じ大きさのユニバーサルダウンライト DDL-14451





前の黒目玉ちゃんのレフ球だと広角すぎて光がいまいち対象物を照射しなかったのですが 今回のユニバーサルダウンは狭角のダイクロハロゲン球なんでたくや的には満足いくレベルになりました。
天井に取り付けた感じもフラットでクロスとも同調しまずまずOKです。

光源のON、OFFはこの「とったらリモコン」君が制御してくれます。ハロゲン球も白熱灯の仲間なんで調光できます。




たくや邸の場合 間接照明の交換でしたが、
リビングの主照明が白熱灯のダウンライトで電気代が気になる~~って方は蛍光灯タイプのダウンライトに交換してもらうなんてのも手かもね(蛍光灯なんで調光はできなくなるけど、、、)


そうそう取り付けは 電気技術の免許をもった知り合いにお願いしました。ただ配線を抜き差しするだけの簡単な作業だと思いましたが そう単純ではないようです。交換の際は電気技術士の方にお願いしましょーー


照明カタログ コイズミ産業読破っ!

カーポートに照明を設置したく 久々にあの分厚い照明カタログに目を通しました。メーカーはたくやお気入りのダイコーとコイズミ。
2008年度版となりカタログは一新されてました。

ダイコーは昨年とそれほど目に止まる商品がなかったのですが、コイズミは目を見張る新商品が結構ありました。
中でも、コレいいなぁっと思ったのがコイズミ産業の外部ポーチ照明。





両方とも同じタイプだけど上が表面が木調処理されており、いずれもマルチタイプ マルチタイプとは普段人がいないときは 光量を抑えて調光点灯し人を探知すると100%点灯します。また点灯から6時間を経過すると消灯待機し人を探知すると100%点灯します。明るくなると点灯はしません。 たくやが気に入ったのは機能はもちろん シャープで細長く、ウォームシルバーというカラー。このウォームシルバー色、トステムのサッシ色でお馴染み「シャイングレーメタリック」と同系色。上のタイプはたくや邸の玄関ドアとサッシにピッタリなんで今付いてる物と代えてみようかなぁぁぁ

その他、今後大きく躍進するであろうLEDのエクステリアライトなど充実してて今回のコイズミいいかも!なんたって社名がいいやね~
さて次はオーデリックを読破するか。

続きを読む

たくや邸 照明ツアー ウッドデッキ線経由

たくや邸照明ツアーご乗車ありがとうございます。このバスは
外部ポーチ発~UT、ウッドデッキ経由~2F行き 最終便になります。
お乗りの方は こちらからどうぞ


蛍光灯の昼白色と電球色の比較


昼白色は明るくシャープな感じで 電球色はぼんやりと落ち着いた感じ。

モデルやお洒落なマンションは大概白熱灯か電球色を使用。

外部エクステリアライト


コイズミ、オーデリック、ダイコーで検討
ほとんど同じ形だったがDAIKOがデザインがよかったのでDAIKOに

器具の1つ1つの性能はほとんど同じだけど この微妙なデザインの差で
ダイコーに軍配ってのが多かったなぁ。




たくや個人の住宅用照明メーカーランキングは
DAIKO>コイズミ=オーデリック>ナショナル>東芝他  

ダウンライト講座

家を建てるなら この照明はつけるぞーっと 思い描いていたのが ダウンライト。念願かなって たくや邸でも 多種多様なダウンライトを採用してます。

しかしながら、このダウンライト色々な種類や取り付ける個所によっては制約を受ける場所もあります。
今日は たくや邸で採用したダウンライトを中心にたくや軍曹が解説していきたいと思います。

た:おーし、まずは電球の種類でいくとだな 現在、白熱灯と蛍光灯タイプの2種が主流だ。特殊なタイプでいくとこれから普及していくであろうLEDタイプがある。こいつが光量の問題をクリアすればメイン照明の座も近いであろうさ。

さて白熱灯とはだな、コイル状のフィラメントに電気を通して高温にすることで発光し・・・・・
うみんちゅ上等兵
「軍曹ムズイ。。もっと簡潔にお願いしまつ」

た:あっそう じゃあ 電気代がかかるのが白熱灯、かからんのが蛍光灯だ!これでいいのか?

う:「簡潔すぎです軍曹・・ここは僕に任せてくださいな 確かに軍曹のいうとおり白熱灯は電気を喰います。例えば白熱灯60Wの明るさをカバーするのに蛍光灯を使うと13~15WでOkです。一日8時間つけていたとしたら年間で1800円くらい違います。

た:そうか ならダウンライトは蛍光灯タイプで決まりだな!

う:「そう、きめつけるのには 早計ですよ軍曹。。白熱灯は電気が喰ったり寿命が短いデメリットがありますがメリットもあります。まとめますと。。。

? 種類が豊富で価格が安い
? 調光できる。
? 蛍光灯に比べ つけたり消したりに強い。
? 温かみある空間やお洒落にかざるなら白熱灯

おおまかにこんな 感じです。上記のメリットの照らしあわせると トイレや玄関ホール、ダイニングなんかは白熱灯がおすすめです!

軍曹「。。。zzzz」

う:「うっ。。。軍曹寝てる。。。」

う:「寝てる軍曹はほっといて 次 蛍光灯タイプに進みます。蛍光灯で思い描くのは天使の輪のような円タイプとスターウォーズで出てくる剣みたいなのが ありますよね」

た:剣ではない!ライトセーバーだっ!。。むにゃむにゃグーーzzz

う:「・・・よく見かけるタイプの蛍光灯他、コンパクト蛍光灯や電球形蛍光ランプがあります。」

これは たくや邸キッチンの電球形蛍光灯です。2灯で十分明るいです。



う:「蛍光灯といえば目が覚めるような真っ白い光をイメージするかと思いますが、電球色といって白熱灯のような温かみある蛍光電球もあります。」

う:これが たくや書斎の電球形蛍光灯ダウンライト 電球色です。



う:「蛍光灯のメリットはやはり超寿命と低電力ですよね。ではデメリットっというと。。。白熱灯のところでも記載しましたが

?つけたり消したりの繰り返すと極端に寿命が落ちる。。
?調光できない。。
?価格が高い。。

ということで、ダウンライト蛍光灯はキッチン、書斎のパソコン手元灯にもってきてるわけです。 でいいですよね?軍曹??

た:「いんでないか? おおかた間違ってないと思うぞ」
う:「よかった。よかった。次は 取り付け制約での説明宜しくです軍曹」
た:「あいよ」

次は追記にて 取り付けの制約についてです。



続きを読む

プロフィール

Author:selega
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
ブログ内検索
カテゴリー
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。