スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひかたまさん邸?

ひかたまさん邸のご紹介。ここまで とにかく書籍の収納がインパクトが強かった ひかたま邸でしたが 他にも色々とこだわりの施工が色々とあります。

新築にあたって書籍収納以外での奥様のコンセプトは

「ナチュラルORナチュラルな家」

とにかく自然な感じにこだわっております。 そのこだわりの一部を

アイカのキッチンカウンター、パナキッチン、そしてママナビ邸を参考にした
キッチンレール。キッチンの袖壁がパネルになってます


照明も自然でアンティーク色の強いものが選ばれてます



うみんちゅの行動が気になってか あまりよいショットを納められませんでした。。そうそう うみんちゅが ひかたまさんに渡したいものがあるそうなんで 再撮影をかねて 近日再訪問します~

ここまで 旦那様の存在がゼロに等しかったのですが 続き記事では
旦那様のこだわりエリアをご紹介。 

続きを読む

スポンサーサイト

ひかたまさん邸?

圧巻の書籍収納の次は 1F和室のパナソニック電工製の床下収納ユニット(和室タイプ)を紹介します。

前々回の紹介告知記事で ひな段を載せた写真を掲載し、ひかたまさんにクレームが入りましたww が、、今日の為の布石だったので 消さなかったのゴッ、ゴメンよ 

ひな段のちょうど上辺りにある
操作パネルがあったと思いますが、 あのパネルは和室の床下収納の扉をあける為の 操作パネルだったのです。

ちょうど たたみ一畳分の大きさに合わせた作りで収納力はかなりのものです。 まずは いつもの動画にてご紹介












うみんちゅの うわぁ♪ という反応が 

あっ動画内の「ゆかした君」というのは たくや勝手に命名した仮称ですので真に受けないでね。 

続きを読む

ひかたまさん邸?

どもども 皆様 毎度様です

さてさて、数日休ませてもらいましたが だいぶん 平均気温が上がって春が近づいてきましたね~

あともうちょいの辛抱です

さてさて 今日はひかたま邸紹介の続きを再開します。

まずは 前回 壁厚を使用した本棚を紹介しましたが 本日はこちら

2Fに設けられた約3畳半の書庫から ご紹介します。
 





こちらには主に小説を中心とした書籍がスライド本棚に収められています。
1列1列が 思いの他 重量がありグッと力を入れて引き出します!

1列でも重いものが 9列あり その他 画像には写っていませんが
文庫サイズの書籍が収納された本棚が2つあり その他 ビデオが多数収められてます。

相当の重量ですが、ここ書庫は

床補強


されてるので問題ないのです。


床補強に関しては ひかたま夫妻は初期の段階で設計さんに要望として伝えてました。

その時 打ち合わせに参加していた たくやは 

「ええー 本がそんなに思いの~!?」

なんて 軽く見ていましたが 


重いです。。。(;´∀`)



画像には写っていませんが この他 ビデオ等も収められてます。

約1000冊近い(以上かも) 書庫&壁厚本棚は圧巻です。次回は お茶とお菓子もって 読書を楽しませてください。

うみんちゅ上等兵もホワイトDAYのお返しをしにいくんだい!っと張り切ってますので 

終わりじゃないよ まだまだ 続きます 

ひかたまさん邸

初めて ひかたまさんから秘コメントをもらったのは昨年1月。今年中に家を建てたいなっとブログ探索して このしょぼブログにたどり着いたのでしたよね

そして、ちょうど今頃建築中のべるさん邸でお会いしたのですが まるで昨日のことの ように思えます。

天然マイペースの営業さん、テンションの浮き沈みはげすい設計さんに、一所懸命がんばり屋だけどたまに空回りするコーディーネーターさん


ちょいと、ドタバタ劇場を開演したりと色々ありましたが、たくや的には楽しい 家作りに参加させて頂きました

引き渡しから数か月経過し ほぼ、落ち着いてきたようなんで ちょこちょこ紹介させて頂きますね~

ひかたま邸の外せないコンセプトはナチュラル&趣味の収納 これに尽きると思うのですが 豊栄建設はその要望をしっかり応えてくれたと思ってます。

まずは趣味の収納部分から 今日は紹介していきますか。

TOP画像にも乗せてますが 2F階段腰壁の厚みを利用し造作した本棚。





本棚スペースの裏側 青枠部分裏が全て本棚 


続きを読む

プロフィール

selega

Author:selega
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
ブログ内検索
カテゴリー
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。