スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

我が家でのトラブル? 内装施工時①

我が家の建築中での図面の相違他、トラブル箇所はこちらから施工提案した
箇所でこんなコトがありました。

まず、この2枚の写真から

1F たくやの部屋です

たくやの部屋に隣接した玄関です


写真だけみても 何が問題?って感じですが 説明すると
たくや部屋に 壁に差し込み固定の飾り棚があります。(1枚目右下)

文字通り カウンターを壁に差しこんで固定する施工なんですが
差し込む反対側の玄関に 壁をくり貫いて施工する ニッチがあったのです。

そのまま施工すると 2枚目玄関ニッチの写真青線部分に飾り棚が
貫通してしまう状況が発生しました。貫通させないように施工すると
物を載せるカウンターの面積がほとんどなくなるとのことでした。

現場の大工さんと相談の結果 1枚目 赤丸部分で見られるように
たくや部屋側の 壁を数cm程 厚くして裏側のニッチに干渉しないように
対策しました。

この壁を厚くする施工を「ふかす」といいます。

現在、
カウンター設置を依頼する施主さんは 差込ではなくカウンターレールを組み合わせて施工するので このような事態は少ないと思います。 

続きを読む

スポンサーサイト

後輩邸 打ち合わせ

9月着工にむけて 後輩邸の打ち合わせも順調に進んでるようで
照明、建具、設備の選定を着々とこなしてるようです。

写真はコーディネーターさんから照明器具を提案されている打ち合わせの様子ですねぇ。
建具や設備は ほとんどお嫁さんに選択の決定権があるようです。



ウンウン そのほうが たくやも安心だw

ふぁぁ 眠い 眠くて どこか間違えてるような気がするけど 気のせいだな。。zzz

2008 秋 モデルハウス 製作動画

過去に取り溜めた建築関係の写真整理中に動画が埋もれてたので
再アップしてみました

この年 秋の公開モデル・・・

よかったのですわぁ 

ドガーーンと予算使って 設計士、コーディネーターさんがチームで
好きなこと、やりたいことしたぁって感じのモデルで見学してても楽しかった!!


前にも公開してた動画ですがYouTUBEなる便利なものができたので
画質を落としてたものでなく原本をUPしてみました。


素人張りぼて動画ですので流す程度にみてくらはい

また、こういう派手なモデルみたいなぁぁ 売れなかったら

買ってあげるからさぁ

豊栄建設 2008年 秋公開 コンセプトモデル



着工後のチェック②

後輩が豊栄と契約して早1ヶ月半、現在 照明、建具等を
決める打ち合わせ中で進行具合の図面を送付してきました。

その中で照明と電気配線図を眺めていて照明の図面に目がとまりました。



埋め込み照明は梁の位置によりずれる場合がありますのでご了承願います。


今は、こんな注意書きがあるんですねぇぇ

埋め込み照明とは 主にダウンライトを示してると思うのですが、我が家でも
設置位置でのトラブルありました。


詳細はココの記事


ダウンライトなどの穴あけ工事は石膏ボードが張り終わってから電気屋さんが行います。
図面上誤りはない 取り付け位置の寸法幅でしたが石膏ボードの厚み分で数センチのズレが乗じてしまったのです。

このようにダウンライト他、屋根の雨水を通すダクト 通称ルーフドレン(図面ではLDと記載)が干渉して間接照明の造作工事ができなくなった。

天井下地(天井野縁)が干渉してダウンライトの位置がズレたなど トラブルみてます。

我が家も先のダウンライト他、図面上のトラブルが数箇所発生してます。
過去の記事でも紹介してないトコなので 対応と対策の模様をお知らせします。

外壁について⑦

我が家で採用した外壁は 今で言うケイミューの前身 クボタ松下電工の
セラディール14 ガレーネ オータム ホワイト広幅。

広幅ではない通常版は当時13㍉厚だったのですが広幅版は14㍉だったのですなぁぁ 

現在は広幅版のガレーネはケイミューのカタログには載ってますが豊栄では選択できないハズです。。

さてさて、我が家は新築から丸6年経ってますが外壁の状態をお知らせします。
建築中、外壁職人さんから外壁の切れ端を頂き車庫に保管したものがありまして これで比較します。


場所は南面で一番日光が当たる場所ですが
写真で見たとおり 目立った劣化はみられなく、実際に手で触れてみても
粉なども付着しません。まだまだ大丈夫です。

次の写真は釘打ちしたあとのタッチペンの跡です。経年経過してても
よく目を凝らしてみなきゃわからないほど目立たないです。


16㍉厚の光セラやマイクロガードとは どのくらいで耐久の差がでてくるのでしょうかねぇ?
白い外壁に限っていえばタッチペンもそんな目立たないので個人的には
14㍉でデザインの精巧差以外は問題ないような気がしますが 同じ経年経過した 色の濃い外壁も検証してみることにします。

外壁について⑤

おはようございます。

昨日まで2泊3日で沖縄に旅行にいっておりました。梅雨時期で旅行中ずっと雨の予報でしたが おおむね 晴れの日でした。

南国の天気とはいえ 予定の計画がすっかり変更になりましたが
結果色々と楽しい旅行となりました。

晴れと雨の予報では全然違いますが、外壁の厚みの違いはどうでしょう?
んーー 超強引な引き込み。。

豊栄建設では 外壁の厚みはケイミューにしろニチハにしろ
14mmが標準な外壁厚です。他のハウスメーカも大体は14mm厚が一般的な
標準外壁だと思います。

追加料金が発生する外壁は標準より2mm厚い16mmやガルバなどのメタルサイディング等になります。

今回16mm厚の外壁素材にスポットをあてると
14mm比べての違いは 2mm増したことによる豊富な柄デザインの追加、光セラなどの独特の付加価値が備わったもの、構造への固定が釘ではなく金具による固定になることが主要な違いです。

住宅丸々14mmからオプションの16mm厚外壁に切り替えると 建坪数にもよりますが、おおよそ80~100万UPはみてもらうとOKです。14mmの釘固定から金具固定になるので総重量は増しますが釘打ちを隠すタッチペン塗装もないので劣化に伴って目立ってくるタッチペン跡も気にならないです。

断熱効果に関しては 14mmと比べ体感で感じる程の違いはないと思いますが
やはり重厚感あるデザイン性UPと光セラやマイクロガードの付加価値性能で
選ばれる方が多いです。

外壁について④

引き続き外壁について。

選ばれる人が多い人気の外壁。。

人気が故に
新興分譲地でお隣、お向かいさんの外壁が同じで種類色まで同じという
見かけたことがあります。

豊栄ではないですが 3棟同じ柄でカブってしまってて
注文なのに建売みたくなってる分譲地みかけことあります・・・うーむ

皆さんなら どうでしょう。。

豊栄分譲地の場合も 最初に土地決めた方の 先に選んでしまったもん勝ちってのはありますが 同時進行で建築計画中であれば
ご近所さんの外壁は何を選んでるか 聞ける場合もあります。(聞けるのかな?分譲地で建築してないので不明確でスイマセン)
実際、参加した打ち合わせの中で お隣さんの外壁確認をできてた例は
ありました。

しかし、
人間十人十色、お隣の外壁と同じでも ウチもやはり気にいった外壁だから
同じでもいい!って人も 中にはいますよねー

我が家は 周りは築20年位の住宅に囲まれた
個人の売り土地に建てたのでこういう問題は疎いですが 難しそうですねぇ

続きを読む

外壁について③

前回に続いて よく選べれる外壁シリーズです。

ケイミュー セラディール14 クローフ

ケイミュー セラディール14 フランウェーブ


ケイミューの石積み系 主力ツートップの2種
フランウェーブが5年位前で クローフが その少し後から ケイミューに
追加された商品になります。

クローフは大小の石積みで フランウェーブは ちょいと欠けた感じの
整列された石積みの柄で いずれも万人の方に人気です。

個人的には全体1色で貼るより 2色又は玄関周りのアクセントで使い分けた方が
よいでないかなぁと思います。

リフォーム&外壁張替えでフランウェーブを 1色で張ってる家を見かけますが
少しうるさい感じがします。 あくまで個人的感想ですが。。

豊栄では横貼りが標準で縦貼りではオプション料金が発生してしまいます。
(縦貼りは通気胴ぶちが特殊な分高いのねん。 たくやたちの頃は標準だったけどね エッヘン)
こちら双方 横貼りがメインの柄なんで 選べれる人は必然的に多くなる
人気商品です^^

人気が故に 新興分譲地とかでは ちょいと問題がでてくる場合がありますが
ねぇ・・

次回に続きマス 


外壁について②

これまで何百、何千っと新築住宅、打ち合わせ等を(おおげさか。。(゚゚)
見てきた中で よく選べれてる 外壁を紹介します。。

遅番出勤まであと30分か 急ごう。。

まずはコレ

KMEW セラディール14  板木目14


これ よくみます。自然な木目調で全体によしアクセントによし 画像は
4色ですが 全7色で多彩で 好まれます。
木目調はニチハのモエンサイディングにも標準ラインナップされてます。



ニチハ モエンサイディング14 シンプルライン



こちらは6年前の登場から定番になりつつある シンプルなストーレート柄
でイメージ通りの名称 シンプルライン (๑′ᴗ'๑)

ケイミューにも同じストレート柄ありますが、いささか古さを感じるので
こちら 個人的にニチハをオススメ。ラインの窪んだ所がケイミューに
くらべて特徴あります。 こちらも万人に好まれる定番外壁です。

あら、、出勤時間。。。 今日はここまでー  

外壁について

2010年 外壁材メーカーのクボタ・松下電工は
クボタ マツシタ エロクトロニクス ワークスの
頭文字をとって KMEW ケイミューとなったのね。。

豊栄建設の標準で選べる外壁素材で 前者のケイミューとニチハという
メーカーから 選ぶ人が大半だと思います。

自動車メーカーで例えると ケイミューがトヨタ ニチハが日産
みたいな 外壁2大メーカーです。

どちらも素材としては 甲乙つけがたい程
よい外壁材なのは変わらないのですが テクスチャーの
デザイン性で個人的には ケイミューが好みです。

ケイミューの最新カタログを覗いてた中で たくやが 注目したのはコレ

セラディール14 ブラシア

このテクス・・柄は たくやは初めて見ますが 一目で気に入りました。
後輩の新居もこちらの外壁を採用予定です。 

次に セラディール14 オルデネ

オルデネは豊栄のショールームには 飾ってなかった(見落としてたかも。。)のですが 今年 2013年4月に登場した新商品です。

定番の石積み系ですが 同社のクローフ、フランウェーブに比べると
エッジが効いてない おとなしい 石積みデザインです。

新商品でしたので ピックアップしましたが うーん どーだろ
色のラインナップがなぁぁ まぁ 参考までに

そうそう 見落としたなんてこと記載しましたが 
展示張り出しの外壁見本の中には 飾ってない柄なんかもありますので
注意してください。

たとえばこの セラディール14 ポルカなんてのもそうです。
地味にこの柄も好みデス
 

ちょっと 眠くなってきたので 今日はここで締めますが
皆さんが よく選ばれる人気の柄 BEST5や色の組み合わせ等を
引き続き紹介します。

平行して 着工後のチエック記事も記載していきますー
プロフィール

selega

Author:selega
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
ブログ内検索
カテゴリー
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。